離婚した中国人女性がビザ取消前に日本で再婚するには? まことビザオフィスは不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > よくある相談(FAQ) > 離婚した中国人女性がビザ取消前に日本で再婚するには?



よくある相談(Frequently Asked Questions)

まことビザオフィスに寄せられた相談の中から、他の外国人の方にも役に立つ事例を選び、相談者の個人情報を修正して掲載します。


結婚ビザ

・離婚した中国人女性がビザ取消前に日本で再婚するには?


お客様からの質問 (電話)

私は日本人です。5年前に中国人女性と日本で知り合いました。 知り合った当時、私も彼女も別の日本人と結婚しており、私と彼女はただの友達でしたが、2011年に私が離婚し、2013年7月に彼女が離婚したことで、再婚を考えるようになりました。 中国には再婚禁止期間がないと聞きましたが、彼女は離婚後すぐに日本で再婚できるでしょうか? 新しい法律では離婚後6ヶ月でビザが取り消されると聞いたので、できれば早くビザを取得したいと思っています。また、彼女のビザはあと2年ぐらい残っていますが、ビザの有効期間はどうなりますか?


行政書士 杉田誠の回答

まず、中国人女性が離婚後14日以内に入国管理局で離婚報告の届出をしているか確認してください。2012年7月以降に離婚した" 日本人の配偶者等" の外国人は、離婚から14日以内に入国管理局へ届出をする義務があります。(市役所に提出した離婚届とは別の届出です。)入国管理局へ離婚報告の届出をしていないと、次のビザの申請で不利になります。
中国再婚禁止期間がないのは事実です。日本の中国大使館では、離婚が成立していれば、すぐに婚姻届に必要な婚姻要件具備証明書を発行してくれます。しかし、日本の市役所では、離婚から100日以内の女性の場合は、たとえ外国人女性であっても婚姻届を受理してくれません。(2016年6月の民法改正により、再婚禁止期間が6ヶ月から100日に短縮されました。)そのため、日本では離婚から100日以内に結婚が成立しません。どうしても早く結婚を成立させたいのであれば、中国で結婚の手続をした方が良いでしょう。
離婚後6ヶ月を経過すると" ビザの取消手続" が始まるのは事実です。しかし、" 離婚後6ヶ月を経過すると自動的にビザが取り消され、オーバーステイになる。" というのは間違いです。離婚から6ヶ月後にビザの取消手続が始まりますが、取消が決定するまでは今のビザが有効です。
参考までにビザの取消手続の流れを紹介します。

  1. 中国人女性が離婚してから6ヶ月経過する。
  2. 入国管理局から中国人女性に呼出状が送られる。
  3. 入国管理局へ出頭し、朝から夕方までインタビューを受ける。(出頭の期日は呼出状の送付日から約3週間後)
  4. 入国管理局へ行き、取消手続の結果を聞く。(出頭から約3週間後)
  5. 取り消された場合には、期日までに帰国する。(出国期限は取消決定から約3週間後)

そこで、ビザを取り消される前に再婚するためには" 中国人女性が離婚してから6ヶ月経過した直後で、入国管理局から中国人女性に呼出状が送られるまでの間" に再婚することがポイントです。


中国人女性と日本人男性が日本で再婚する場合の流れは、以下の通りです。

  1. 中国人女性が市役所で離婚届を提出する。
  2. 中国人女性が入国管理局で離婚報告の届出をする。(離婚から14日以内)
  3. 離婚後、1〜2ヶ月ほど待つ。(婚姻届に必要な書類の使用期限は「発行から3ヶ月以内」なので、あまり早く動きすぎないよう注意する。)
  4. 中国人女性が、市役所で前夫の「戸籍謄本」を取得する。(ビザ申請にも使うので2通取ってください。コピーがあれば当事務所で代理取得可能です。)
  5. 中国人女性が、前夫の「戸籍謄本」を中国大使館に持って行き、中国人女性の「婚姻要件具備証明書」を発行してもらう。
  6. 婚姻届の用紙と中国人女性の「婚姻要件具備証明書」を市役所に持って行き、婚姻届が受理される。(日本で結婚成立。)
  7. 次回の結婚ビザ更新時に、新しい配偶者について審査される。
  8. 新しい配偶者についての結婚ビザが許可される。

変更点(2015年11月更新)
「日本人男性」の「婚姻要件具備証明書」を中国大使館に提出する必要がなくなりました。
・中国人女性の離婚については「前夫の戸籍謄本」を中国大使館に提出すればよくなったので、「離婚届 記載事項証明書」を取得する必要がなくなりなりました。
・再婚後に入国管理局に「再婚の報告」をする必要がなくなりました。


まことビザオフィスでは、結婚ビザの更新申請(再婚した場合)を105,000円で行っています。 まことビザオフィスが作成した書類でビザが不許可になった場合には、申請料金の全額を返金します。
以上、ご不明な点があれば、再度ご連絡ください。」


「結婚ビザ」「配偶者ビザ」はどちらも同じ在留資格「日本人の配偶者等」という意味なので、両者に違いはありません。

更新日  2016年07月12日
作成日  2013年07月22日


 

関連リンク
中国人女性と中国で結婚するときの具備証とビザ
結婚ビザの流れと料金

→  その他のよくある相談(FAQ)はこちら



日本結婚ビザ(家族ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

中国女性の結婚ビザ(家族ビザ)   中国女性の仕事・就職ビザ   中国女性の経営者・役員ビザ   中国女性の永住ビザ・帰化   オーバーステイの中国女性と再婚   中国女性のビザの料金表
中国女性のよくある相談(FAQ)   中国女性のビザに関するお問い合わせ   中国女性の個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
ビザ取消,再婚,中国ビザ取消, 再婚, 中国