日本結婚ビザなら、まことビザオフィスへ。

まことビザオフィス

まことビザオフィス > 結婚ビザ(家族ビザ) > なぜ観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更は難しいのか



結婚ビザ(家族ビザ)

日本ビザの中には、日本人や永住者と結婚したときの配偶者ビザ、 その他のビザを持つ外国人と結婚したときの家族滞在ビザ日本人や永住者と離婚したときの定住者ビザなどのビザがあります。どものビザは定住者ビザになることが多いです。



なぜ観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更は難しいのか

日本では、大卒の高学歴外国人は就労ビザがもらいやすく、単純労働者は就労ビザがもらえないシステムになっています。 そして、就労ビザがもらえない外国人が、日本で働くために、形式的な結婚をしてビザを申請することが多いため、 入国管理局はすべての結婚ビザの審査において" この結婚は本物だろうか。" と疑っています。


観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへ変更できるのは「特別な事情」がある場合だけ

長期ビザ(結婚ビザや就労ビザ、留学ビザなど、日本に1年以上滞在できるビザ。)の申請をする場合には、外国人が日本に来る前に、 保証人が日本の入国管理局へ申請するのが一般的です。 ビザの申請が許可されると、" 在留資格認定証" がもらえますので、保証人が外国人に認定証を送り、 外国人が外国にある日本大使館で認定証を提出して、ビザの証印(スタンプ)をもらった後に日本へ入国します。
そこで、入国管理局は" 長期ビザが欲しいなら、観光ビザ(短期滞在)の期限が切れる前に帰国し、その後に長期ビザの申請をしなさい" と指導しています。 実際に、観光ビザ(短期滞在)から就労ビザへの変更申請は認められていません。
結婚ビザの場合、このように外国人が外国にいる間に申請をしてくれれば、入国管理局が嘘の結婚だと見抜いた場合には、ビザの申請を不許可にすることで、悪い外国人の入国を防ぐことができます。 しかし、実際には、日本で働くことを目的として、嘘の結婚をした後に観光ビザから結婚ビザへの変更申請をする外国人や、 結婚ビザの申請が不許可になった後もそのまま日本で行方不明になってオーバーステイをする外国人があまりにも多いので、 入国管理局は" たとえ本当の夫婦だとしても、観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへ変更を認めるのは、特別な事情がある場合に限る。" という方針で審査をしています。




観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへ変更が認められる例

日本人と外国人との結婚で、以下の場合には、「特別な事情がある」と認められ、観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへ変更することができます。


・幼い子どもがいる。(母親が外国人で父親が日本人)
子どもの面倒を見るための「特別な事情がある」と認められる。


・まだ結婚していない。
今回の短期滞在の間に日本で婚姻届を提出すると「特別な事情がある」と認められる。


・過去に結婚し、外国で婚姻届を提出したが、日本で婚姻届を提出していなかった。
今回の短期滞在の間に日本で婚姻届を提出すると「特別な事情がある」と認められる。


・変更申請の前に認定申請をして、すでに許可証(認定証)を持っている。
認定証を持って変更申請すれば「特別な事情がある」と認められる。



結婚以外の特別な事情が必要な場合

外国の日本大使館で観光ビザ(短期滞在)を申請した人(査証免除国ではない人)が、観光ビザから結婚ビザへ変更する場合、婚姻届を提出したことに加えて「結婚以外の特別な事情」を要求されることがあります。
「結婚以外の特別な事情」とは、例えば、妻が妊娠しているとか、幼い子どもがいて共働きができないとか、日本で家族が入院したので看病する必要があるとか、母国の治安が悪くて帰国できない、などです。「結婚以外の特別な事情」がない場合には、結婚ビザへの変更申請が不許可になり、「婚姻届の提出は終わったんだから、一度帰国して結婚ビザの認定申請(審査が3ヶ月)をしなさい。」と入国管理局に指示されます。
アメリカやヨーロッパなど、ビザなしで来日できる国(査証免除国)の人は、結婚そのものが特別な事情として認められます。そのため、「結婚以外の特別な事情」は要求されないことが多いです。



観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへ変更できない例

以下の場合には、「特別な事情がある」と認められないため、帰国した後に結婚ビザの認定申請をするよう入国管理局から指導されます。


・以前に日本に滞在していた時など、過去に日本で婚姻届を提出した。
それだけでは「特別な事情」と認められない。
    日本での婚姻届が終わっていれば、外国にいる間に結婚ビザを申請できるからです。


・外国人の日本での就職先が決まっている。
それだけでは「特別な事情」と認められない。
    あくまでも" 結婚そのもの" に特別な事情が認められる必要があるからです。


・同じ国籍の外国人同士で結婚した。
それだけでは「特別な事情」と認められない。



結婚ビザの料金

  内容
料金
自分で申請応援パック コンサルティング
書類作成の指導・添削
  50,000円(税込)
行政書士が代理申請 コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 105,000円(税込)

→  結婚ビザ(自分で申請応援パック)の料金の詳細はこちら
→  結婚ビザ(行政書士が代理申請)の料金の詳細はこちら


更新日  2016年12月24日
作成日  2010年08月11日


 

関連リンク
結婚ビザ(日本人の配偶者限定)自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)
結婚ビザの流れと料金(行政書士が代理申請)
観光ビザ(短期滞在)を結婚ビザに変更できますか?(査証免除国)(FAQ)

→  結婚ビザ  トップへ



日本結婚ビザに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00~20:00)
水曜日と土日祝日、12/20~1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

日本の結婚ビザ(家族ビザ)   日本の仕事・就職ビザ   日本の経営者・役員ビザ   日本の永住ビザ・帰化   日本でオーバーステイ   日本のビザの料金表
よくある相談(FAQ)   お問い合わせ   個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
日本の結婚ビザ日本結婚ビザ