離婚後のビザなら、まことビザオフィスへ。不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > 結婚ビザ(家族ビザ) > 離婚届不受理申出の流れと料金



結婚ビザ(家族ビザ)

日本ビザの中には、日本人や永住者と結婚したときの配偶者ビザ、 その他のビザを持つ外国人と結婚したときの家族滞在ビザ日本人や永住者と離婚したときの定住者ビザなどのビザがあります。どものビザは基本的に外国人の親と同じビザです。



離婚届不受理申出の流れと料金

日本の離婚届はサインが本物かどうかの確認をしません。また、離婚届は1人で提出できます。 だから、もしあなたの結婚相手が離婚したいと思って他人のサインで離婚届を提出すると、あなたが離婚したくないと思っていても離婚が成立します。 絶対に離婚したくないときは、「離婚届を受理しないでください」という書類(離婚届不受理申出)を提出しましょう。
離婚した後のビザは  →  離婚後の定住者ビザの流れと料金


離婚届不受理申出   31,500円


離婚届不受理申出の流れ

お客様1人でビザの準備 まことビザオフィスを利用
お客様だけでビザの準備 まことビザオフィスを利用
1. 離婚の相談
離婚の相談 市役所で相談 無料
・お客様のご自宅や職場の近くに出張する場合は出張費がかかります。
2. 書類集め
市役所の書類を集める 市役所へ行く 1通 4,200円
3. 書類作成
離婚届不受理申出書を書く 自分で書く 申請料金に含む
・お客様のご自宅や職場の近くに出張する場合は出張費がかかります。


 追加料金(オプション)
7日後までに届出
(特急料金)
急いで書く 申請料金の50%
・特急料金を頂いた場合は、市役所の書類が集まってから7日後までに届出します。
4. 書類提出
離婚届不受理申出書を提出する 市役所へ行く 申請料金に含む
(同行します)
・本人が市役所へ行って書類を提出する必要があります。

上記料金はすべて消費税を含んだ金額です。

→  料金表はこちら

更新日  2013年01月18日
作成日  2011年02月28日


 

関連リンク

→  結婚ビザ(家族ビザ)  トップへ



日本結婚ビザ(家族ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

日本の結婚ビザ(家族ビザ)   日本の仕事・就職ビザ   日本の経営者・役員ビザ   日本の永住ビザ・帰化   日本でオーバーステイ   日本のビザの料金表
よくある相談(FAQ)   お問い合わせ   個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
子どもビザどもビザ