日本結婚ビザなら、まことビザオフィスへ。

まことビザオフィス

まことビザオフィス > 結婚ビザ(家族ビザ) > 国際結婚の婚姻届の書き方(日本で先に結婚)



結婚ビザ(家族ビザ)

日本ビザの中には、日本人や永住者と結婚したときの配偶者ビザ、 その他のビザを持つ外国人と結婚したときの家族滞在ビザ日本人や永住者と離婚したときの定住者ビザなどのビザがあります。どものビザは基本的に外国人の親と同じビザです。



国際結婚の婚姻届の書き方(日本で先に結婚)

日本で先に結婚する場合の婚姻届を「創設的届出」、外国で結婚した後に日本に帰ってきて婚姻届をする場合を「報告的届出」と言います。このページでは、日本で先に結婚する場合の婚姻届(創設的届出)の書き方について説明します。
・外国で結婚済みの方は  →  国際結婚の婚姻届の書き方(外国で結婚済み)


国際結婚の婚姻届の見本

国際結婚の婚姻届の書き方
国際結婚の婚姻届の書き方


婚姻届の必要書類について

以下は、一般的な書類です。国によって提出する書類が微妙に違うので、婚姻届を提出する市役所に確認してください。なお、日本語訳は自分で書いても構いません。日本語訳には、「翻訳者」の氏名と住所を書いて印鑑を押してください。


外国人の書類
・婚姻要件具備証明書(+日本語訳)
・出生証明書(+日本語訳)
・離婚証明書(+日本語訳)※日本人配偶者(前夫、前妻)の戸籍謄本でも可。
・パスポート(+日本語訳)


日本人の書類
・婚姻届
・戸籍謄本(本籍がある市役所に提出する場合は不要。)
・住民票(住所がある市役所に提出する場合は不要。)
・運転免許証またはパスポート



婚姻要件具備証明書について

「婚姻要件具備証明書」は、「この人は日本と外国の両方の法律で結婚できますよ。(=大人で独身)」ということを、大使館に証明してもらう書類です。 通常は、日本にある外国大使館で取得できますが、一部の国では「観光ビザ(短期滞在ビザ)の外国人には、婚姻要件具備証明書を発行しない。」という大使館もありますので、必ず事前に外国大使館に確認してください。


更新日  2014年08月15日
作成日  2014年08月14日


 

関連リンク
国際結婚の婚姻届の書き方(外国で結婚済み)
なぜ観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更は難しいのか
結婚ビザが不許可になる例
結婚ビザの流れと料金

→  結婚ビザ  トップへ



日本結婚ビザに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00~20:00)
水曜日と土日祝日、12/20~1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

日本の結婚ビザ(家族ビザ)   日本の仕事・就職ビザ   日本の経営者・役員ビザ   日本の永住ビザ・帰化   日本でオーバーステイ   日本のビザの料金表
よくある相談(FAQ)   お問い合わせ   個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
婚姻届と結婚ビザ婚姻届と結婚ビザ