日本結婚ビザなら、まことビザオフィスへ。不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > よくある相談(FAQ) > 結婚ビザ(更新)の代理申請をお願いできますか?



よくある相談(Frequently Asked Questions)

まことビザオフィスに寄せられた相談の中から、他の外国人の方にも役に立つ事例を選び、相談者の個人情報を修正して掲載します。


結婚ビザ

・結婚ビザ(更新)の代理申請をお願いできますか?


お客様からの質問 (電話)

「私は日本人で、女房とは結婚して40年以上になります。 今までずっとビザのことは女房が自分でやっていたのですが、その女房が体調を崩して入院してしまいました。 ビザの期限が1週間後に迫っています。 インターネットで調べて、戸籍とか住民票とかの書類は揃っています。 家族でも代理申請ができないと聞いたので、ちゃんとした事務所にビザのことを頼みたいのですが、どうすればいいですか? あと、いくらでやってくれますか?


行政書士 杉田誠の回答

書類が揃っているのであれば、それを預かってビザの申請書を私が作成します。早ければ、その書類を預かった翌日に入国管理局へ代理申請します。
事務所はJR亀戸駅の近くにありますので、書類を持って事務所まで来ていただいてもいいですし、 お客様のご自宅や職場まで私が書類を取りに行くこともできます。
ビザの申請書を作成した後、私が入国管理局に代理申請をしますが、入国管理局に書類を提出する前に事務所の報酬を支払っていただきます。 もし、すぐにお金が準備できない場合には、先に入国管理局に申請し、 報酬を支払っていただくまで事務所でパスポートをお預かりするという方法もあります。
報酬はビザの申請が52,500円です。その他、入国管理局へ支払う手数料4,000円が必要です。 まことビザオフィスが作成した書類でビザが不許可になった場合には、申請料金の全額を返金します。 ビザの期限の当日や1日前では間に合わないことがありますので、 最低でも3日前にはまことビザオフィスにご連絡ください。」


「結婚ビザ」「配偶者ビザ」はどちらも同じ在留資格「日本人の配偶者等」という意味なので、両者に違いはありません。

更新日  2015年03月09日
作成日  2011年03月07日


 

関連リンク

→  その他のよくある相談(FAQ)はこちら



日本結婚ビザ(家族ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

日本の結婚ビザ(家族ビザ)   日本の仕事・就職ビザ   日本の経営者・役員ビザ   日本の永住ビザ・帰化   日本でオーバーステイ   日本のビザの料金表
よくある相談(FAQ)   お問い合わせ   個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
日本の結婚ビザ日本結婚ビザ