日本とイギリスのどちらで結婚すると、ビザが簡単ですか? まことビザオフィスは不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > よくある相談(FAQ) > 日本とイギリスのどちらで結婚すると、ビザが簡単ですか?



よくある相談(Frequently Asked Questions)

まことビザオフィスに寄せられた相談の中から、他の外国人の方にも役に立つ事例を選び、相談者の個人情報を修正して掲載します。


結婚ビザ

・日本とイギリスのどちらで結婚すると、ビザが簡単ですか?


お客様からの質問 (メール)

わたしは日本人女性です。もしお詳しかったらお教えいただきたいことがあります。私のパートナーがイギリス人で、英国に住んでいるのですが、日本で先に籍を入れるとしたら、必要な書類は「出生証明書(2通?)」、「独身証明書」、「パスポート」だけですか?
ちなみに、日本で結婚する場合は、彼が日本に住んでいないとだめなのですか?
わたしたちの場合は、わたしは日本に住んでいて、彼はイギリスに住んでいます。イギリスで結婚するとしたら、事前にわたしがイギリスのフィアンセビザをとって結婚して、日本大使館に届けるという形になるので、彼が日本に来て、日本で結婚するほうが簡単なのかなと思っていたのですが、彼に日本のビザが必要なのでしょうか。
区役所や大使館などのホームページをみても、それぞれの手続きの一側面しか説明されておらず、全容がよくわからないのですが、どういう流れなのでしょうか。


行政書士 杉田誠の回答

彼が日本に来て、日本で結婚する方が簡単です。日本にはフィアンセビザがないので、日本で結婚する場合、彼は観光ビザ(短期滞在)で来日して結婚することになります。イギリスはビザ免除国なので、イギリス人は日本の空港で入国時に90日の観光ビザ(短期滞在)でもらえます。そのままのビザで日本で結婚することが可能です。
日本でイギリス人男性と結婚したお客様に話を聞かせてもらったところ、日本で結婚するためにイギリスから持ってきた書類は、 以下の通りでした。(2017年現在)

イギリスから書類を持って来たら、予約した上で東京のイギリス大使館へ行き、婚姻要件宣誓書を作成します。婚姻要件宣誓書は2種類ありますが、Affidavitは宗教用(religious)、Affirmationは非宗教用 (non-religious) なので、「Affirmation form - Japan」を使います。 イギリス大使館へ行くときは彼1人でも大丈夫ですが、日本人も付いて行って良いです。普通はカップルで行く場合が多いようです。 また、出生証明書と彼が記入する婚姻要件宣誓書で彼のお母さんの名前のスペルが違っていたりすると(例えばGillian とJillianなど)すごく時間がかかります。なので、書類のスペルチェックをしておくと、スムーズです。 日本人が一緒に行く場合、身分証明書として、日本人のパスポートが必要ですが、コピーなどを提出する必要はないです。彼の出生証明書は、イギリス大使館に持って行って確認するだけで、おそらく返却されると思います。
東京のイギリス大使館で婚姻要件宣誓書を作成したら、市役所で婚姻届を提出します。彼の出生証明書は、市役所では原本を提出します。ただ、いったん原本を提出すると返却してもらえないので、コピー+アポスティーユを市役所に提出しても良いか事前確認しておくと良いでしょう。
以上が、イギリス人が日本で結婚する場合の流れです。


ちなみに、イギリスで日本人とイギリス人が結婚する場合の流れは以下の通りです。
A イギリスで結婚して、そのまま配偶者ビザに変更する場合
・日本で「Settlement Visa」を取得する。
https://www.gov.uk/government/publications/application-to-settle-in-the-uk-form-setm
・イギリスへ行く。
・イギリスで結婚する
・イギリスで「Spouse Visa」に変更する


B イギリスで結婚して、いったん日本へ帰国し、その後配偶者ビザを申請する場合
・日本で「Marriage Visitor Visa」を取得する。
https://www.gov.uk/marriage-visa/overview
・イギリスへ行く。
・イギリスで結婚する
・日本へ帰国する。
・日本で「Spouse Visa」を取得する。


C イギリスを旅行中、突然結婚することになった場合
・日本でVisaを取得しない。
・イギリスへ行く。
・イギリスで結婚する
・日本へ帰国する。
つまり、最初から結婚を目的としてビザ免除(tourist visa)でイギリスに入国するのはダメですが、旅行中に、突然結婚することになった場合、結婚手続きは可能ということです。ただ、Cは少し古い情報(2009年)なので、現在どうなっているかは、保証できません。
以上、参考にしてください。


イギリス人が結婚後も日本に住みたい場合には、結婚ビザ(1年)が必要です。
まことビザオフィスでは、イギリス結婚する場合も、日本で結婚する場合も、 結婚ビザの申請を150,000円(観光ビザの追加料金は無料)で行っています。自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)は50,000円です。
まこと
ビザオフィスが作成した書類でビザが不許可になった場合には、申請料金の全額を返金します。 ご検討いただけると幸いです。


「結婚ビザ」「配偶者ビザ」はどちらも同じ在留資格「日本人の配偶者等」という意味なので、両者に違いはありません。

  内容
料金
Makoto Visa Office
自分で申請応援パック
コンサルティング
書類作成の指導・添削
  50,000円(税込)
(観光ビザを含まない)
Makoto Visa Office
杉田が代理申請
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 150,000円(税込)
(観光ビザを含む)
提携行政書士が代理申請
(杉田以外)
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
108,000円〜(税込)
(観光ビザを含まない)

更新日  2017年12月05日
作成日  2017年12月05日


 

関連リンク
自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)
結婚ビザの流れと料金(新規)
なぜ観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更は難しいのか

→  その他のよくある相談(FAQ)はこちら



日本結婚ビザ(家族ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

イギリス男性の結婚ビザ(家族ビザ)   イギリス男性の仕事・就職ビザ   イギリス男性の経営者・役員ビザ   イギリス男性の永住ビザ・帰化   オーバーステイのイギリス男性と再婚   イギリス男性のビザの料金表
イギリス男性のよくある相談(FAQ)   イギリス男性のビザに関するお問い合わせ   イギリス男性の個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
ビザ,結婚,イギリスビザ, 結婚, イギリス