日本結婚ビザなら、まことビザオフィスへ。不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > よくある相談(FAQ) > 婚姻届を出していれば、結婚ビザはもらえますよね?



よくある相談(Frequently Asked Questions)

まことビザオフィスに寄せられた相談の中から、他の外国人の方にも役に立つ事例を選び、相談者の個人情報を修正して掲載します。


結婚ビザ

・婚姻届を出していれば、結婚ビザはもらえますよね?


お客様からの質問 (電話)

「韓国人の男性と結婚して、市役所に婚姻届を出しました。彼の留学ビザはあと4ヶ月残っているので、 仕事が落ち着いてから結婚ビザのことを考えようと思っています。ちゃんと婚姻届を出したんだから、まだあせる必要はないですよね?


行政書士 杉田誠の回答

いいえ。婚姻届を出していても、必ず結婚ビザが出るとは限りません。ダンナさんのビザが切れる直前に結婚ビザの手続をしようとすると、 入国管理局は " ビザを延長するために結婚したんじゃないか " と疑いますので、なるべく早く結婚ビザの手続をした方がいいです。
ビザの有効期限ギリギリに申請するよりは、早めに動いた方が無難です。


まことビザオフィスでは、結婚ビザの申請を120,000円で行っています。(難しい案件は150,000円)また、自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)は50,000円です。 まことビザオフィスが作成した書類でビザが不許可になった場合には、申請料金の全額を返金します。 ご検討いただけると幸いです。」


「結婚ビザ」「配偶者ビザ」はどちらも同じ在留資格「日本人の配偶者等」という意味なので、両者に違いはありません。

  内容
料金
自分で申請応援パック コンサルティング
書類作成の指導・添削
  50,000円(税込)
行政書士が代理申請
(通常案件)
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 120,000円(税込)
行政書士が代理申請
(難しい案件)
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 150,000円(税込)

→  結婚ビザ(自分で申請応援パック)の料金の詳細はこちら
→  結婚ビザ(行政書士が代理申請)の料金の詳細はこちら


追加料金

内容 条件 追加料金
難しい案件 1.不許可経験やオーバーステイ経験がある場合。
2.難民申請中の場合。
3.認定証なしで観光ビザ(短期滞在)から変更する場合。
4.依頼から申請まで1週間以内の場合。
+30,000円
家族追加 ・1つの家族で、ビザを2人以上申請。 (追加1人分)
+30,000円
変更申請追加 ・認定申請と変更申請を同時に依頼。 +30,000円
観光ビザの
書類追加
・認定申請と観光ビザ(短期滞在)を同時に依頼。 +0円 (無料)

更新日  2017年12月21日
作成日  2010年11月24日


 

関連リンク
結婚ビザが不許可になる例
結婚ビザの流れと料金

→  その他のよくある相談(FAQ)はこちら



日本結婚ビザ(家族ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

日本の結婚ビザ(家族ビザ)   日本の仕事・就職ビザ   日本の経営者・役員ビザ   日本の永住ビザ・帰化   日本でオーバーステイ   日本のビザの料金表
よくある相談(FAQ)   お問い合わせ   個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
日本の結婚ビザ日本結婚ビザ