行政書士を使わずに自分で配偶者ビザを申請したら不許可になりますか?(メキシコ) まことビザオフィスは不許可なら全額(100%)返金

まことビザオフィス

まことビザオフィス > よくある相談(FAQ) > 行政書士を使わずに自分で配偶者ビザを申請したら不許可になりますか?(メキシコ)



よくある相談(Frequently Asked Questions)

まことビザオフィスに寄せられた相談の中から、他の外国人の方にも役に立つ事例を選び、相談者の個人情報を修正して掲載します。


結婚ビザ(配偶者ビザ)

・行政書士を使わずに自分で配偶者ビザを申請したら不許可になりますか?(メキシコ)


お客様からの質問 (メール)

お世話になります。先週の土曜日お電話にてお話させていただいた者です。(夫:メキシコ人。短期ビザで来日中。日本で結婚し、配偶者ビザへ変更予定。)
ご相談させていただいた後にも様々な行政書士事務所の方に問合せ等をしてきましたが、お話をたくさん聞きすぎてどれが一番私達にとって最適な方法かわからなくなりました。 実績もあって信頼できる行政書士の方にお願いしたいとも思いますが、費用はどこも高額であり、少しでも可能性があるのなら自分たちで申請する道もあるのかなと色々考え、頭を悩ませております。
書類の準備がほぼできているため、大金を支払い行政書士の方に1からお願いするのもどうかなと思いますが、しかし、配偶者ビザが一度不許可になり、再申請をすることになり、行政書士へ依頼することになると時間がどんどん無くなって行きます。時間を無駄にしたくないです。 主人の短期滞在ビザ期限は来月末ですので、あまりもたもたしていられないと感じております。
しかし、初めてのことで不安もたくさんありますので、やはり全て行政書士の方にお願いするべきなのか迷っております。よくわからない内容となってしましましたが、何かアドバイスをいただければ幸いです。」


行政書士 杉田誠の回答

「ご連絡ありがとうございました。 お客様はとても努力されていらっしゃると思います。もともと、行政書士のサービスというのは" 日本語が全然分からない。日本の法律も全然分からない。" という外国人に代わって、現在の外国人の状況をビザの申請書類に忠実に反映させるのが仕事です。 行政書士の報酬が高額に感じるのは、" 要するに、私がやっていることと同じじゃないか。" という気持ちがお客様の中にあるからじゃないかと思います。
書類の準備がほぼできているのであれば、お客様が作成した書類で申請してみるのも良いと思いますが、書類に不備があって配偶者ビザが不許可になり、再申請を行政書士に依頼されたとしても" 前回の配偶者ビザの申請で書いたことと矛盾している。" と入国管理局に指摘された場合には、再申請で配偶者ビザの許可を取るのが難しくなります。 もちろん、お客様の場合は結婚自体が真実ですので、たとえ配偶者ビザが不許可になった場合でも、二度、三度と配偶者ビザを申請すれば、いつかは必ず許可が出ると思います。しかし、時間と労力が想像以上にかかるでしょう。
もし、" 時間と労力を惜しまないで、何度でも挑戦し、独力で配偶者ビザを取得する。" と決めているのであれば、お客様自身で配偶者ビザを申請しても良いと思います。しかし、" 不許可になってから行政書士に依頼すればいいや。" と思っているのであれば、私は初回の配偶者ビザの申請から行政書士に依頼するべきだと思います。その方が明らかに早いです。
以下に日本人女性とメキシコ人男性が日本で結婚する場合の流れを簡単に書いておきます。

  1. メキシコ人男性がメキシコで「出生証明書」と「独身証明書」を準備する。
  2. メキシコ人男性が短期ビザで来日する。(メキシコ人は短期ビザを1回だけ更新できるので、最大で6ヶ月滞在できる。)
  3. 日本のメキシコ大使館で婚姻要件具備証明書を発行してもらう。(遠方の場合は電話で郵送してもらうこともできるようです。)
  4. 婚姻届の用紙とメキシコ人男性の「出生証明書」と「婚姻要件具備証明書」を市役所に持って行くと、婚姻届が受理される。(日本で結婚成立。)
  5. 入国管理局で配偶者ビザへの変更申請をする。
  6. 配偶者ビザが許可される。
  7. メキシコ側の結婚手続はメキシコで行う。
    (日本のメキシコ大使館では、メキシコ側の結婚手続はできないようです。)


まことビザオフィスでは、結婚ビザの申請を120,000円で行っています。(難しい案件は150,000円)また、自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)は50,000円です。 まことビザオフィスが作成した書類でビザが不許可になった場合には、申請料金の全額を返金します。
ご検討いただけると幸いです。」


「結婚ビザ」「配偶者ビザ」はどちらも同じ在留資格「日本人の配偶者等」という意味なので、両者に違いはありません。

  内容
料金
自分で申請応援パック コンサルティング
書類作成の指導・添削
  50,000円(税込)
行政書士が代理申請
(通常案件)
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 120,000円(税込)
行政書士が代理申請
(難しい案件)
コンサルティング
行政書士が書類作成
行政書士が代理申請
 150,000円(税込)

→  結婚ビザ(自分で申請応援パック)の料金の詳細はこちら
→  結婚ビザ(行政書士が代理申請)の料金の詳細はこちら

追加料金

内容 条件 追加料金
難しい案件 1.不許可経験やオーバーステイ経験がある場合。
2.難民申請中の場合。
3.認定証なしで観光ビザ(短期滞在)から変更する場合。
4.依頼から申請まで1週間以内の場合。
+30,000円
家族追加 ・1つの家族で、ビザを2人以上申請。 (追加1人分)
+30,000円
変更申請追加 ・認定申請と変更申請を同時に依頼。 +30,000円
観光ビザの
書類追加
・認定申請と観光ビザ(短期滞在)を同時に依頼。 +0円 (無料)

更新日  2017年12月21日
作成日  2013年06月01日


 

関連リンク
自分で申請応援パック(許可保証付きコンサルティング)
結婚ビザの流れと料金(新規)
なぜ観光ビザ(短期滞在)から結婚ビザへの変更は難しいのか

→  その他のよくある相談(FAQ)はこちら



日本配偶者ビザ(結婚ビザ)に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームや電話によるご相談は無料です。
行政書士まことビザオフィス  担当:杉田 誠
TEL:03-5858-8491 (月・火・木・金の11:00〜20:00)
水曜日と土日祝日、12/20〜1/10(年末年始休暇)はお休みです。


Makoto Visa Office

メキシコ人の結婚ビザ(配偶者ビザ)   メキシコ人の仕事・就職ビザ   メキシコ人の経営者・役員ビザ   メキシコ人の永住ビザ・帰化   オーバーステイのメキシコ人と配偶者ビザ   メキシコ人のビザの料金表
メキシコ人のよくある相談(FAQ)   メキシコ人のビザに関するお問い合わせ   メキシコ人の個人情報の取り扱いについて   まことビザオフィス トップページ
結婚,配偶者ビザ,メキシコ結婚, 配偶者ビザ, メキシコ